◆代表プロフィール

30分走ることがやっとだった71歳女性をたった2年で80キロ走破に導く

フィットネス・医療・介護の現場で10,000.以上の指導実績

 

 みぢかフィットネス代表 パーソナルランニングコーチ

 有村 尚也(ありむら ひさや)

 

1972年 広島県出身。中学から大学まで陸上競技に取り組む。
川崎医療福祉大学健康体育学科にて、健康づくりの専門知識を学ぶ。
卒業後、メディカルフィットネスの先駆的施設である

(財)北陸体力科学研究所にて11年間、子供から高齢者、有疾患者、

更にアスリートに至るトレーニング指導にアスリート部門チームリーダーとして携わる。

在籍中に石川県の駅伝強化事業を担当。その他、北國銀行や金沢桜丘高校駅伝部のコンディショニング担当を務める。

また、NSCAジャパンのパーソナルトレーナー資格を取得。

会員様やアスリートに対するパーソナルトレーニングの経験を積む。

 

その後地元広島に帰り、医療機関や公共スポーツセンタートレーニングルーム主任として個別・集団問わず、

介護予防支援やメタボ改善指導、カラダの機能改善指導に携わる。

これまでに、10,000.人以上の指導を行う。

 

2013年10月に独立。30分走ることがやっとだった71歳女性をたった2年で80キロ走破に導く。

また、小学6年生女子選手が、1年足らずで100mを1秒5更新。全国大会決勝進出に貢献する。

その他、たった1カ月のパーソナルサポートで、1キロ8分台で2キロ走るとヒィヒィだった50代女性が、

5キロレースを32分台で完走。「これは、有村マジックです。」と称賛を受ける。

開業約3年で、長期のランニング個人契約者16名。

ジュニアから高齢者まで、個人・グループ・教室を含めて、ランニング指導に関わった方、100名以上。

「生まれて初めて10キロ走れた!」「こんなに楽に走れるとは思わなかった」との声をいただく。

 

初心者目線を大事にし、ほぼ毎日更新中のブログは、「とてもわかりやすい」、「有村さんの記事をみると何だか

走れそうな気がする」と評判を得る。

 

ランニングは、単に走るものではなく、心技体の「人間性」を磨くもの。そして、時に辛いからこそ強くなる

「人と人の絆」を深めるもの。という信念のもと県内外で活動中。

自身でも2016年9月に100キロウルトラマラソンを完走。更に進化を続けていく。

 

●NSCA-CPT 全米ストレングス&コンディショニング協会認定 パーソナルトレーナー
●国際ヨガ協会認定 助手
●中学校・高等学校保健体育教員免許