~経験ゼロから、確実にフルマラソン完走に導く~

カラダが変わる・フォームが変わる・ココロが変わる

『アリムラ式 戦略的ランニングメソッド

生涯を通して、チャレンジ精神を忘れたくない・・

苦手だった走ることを克服して、これまでにない感動を味わいたい・・

 

そんなあなたが取り組むべきことは、ただ「頑張って走る」のではなく、

数々の初心者ランナーをゴールに導いた戦略的ランニングメソッド 

を取り入れることです。

 

  • 「30分走ることがやっと」の70歳女性が、2年で80キロ走破!!

  • 「ランニング経験ゼロ」の59歳男性が、1年でフルマラソン完走!!

  • 「1キロ8分ペースで2キロヒィヒィ」の50代女性が、5か月で10キロを60分完走

 

☆でも... 慎重なあなたは「わたしなんかに…」という感情が顔を出して、一歩踏み切れないでいませんか?

 

  • 昔から「運動が苦手」で、走ることに関して全く「良き思い出がない」。
  • 頑張って走ってみたことはあるけど、 「苦しいばかり」で、「スイスイ走れる気がしない」。
  • 年を重ねて体力の衰えを感じる。走れば、膝が悪くなるのではないか?
  • 周りには、「走って何が楽しいの?」という人ばかりで、走っているところを見かけられたらバカにされるのではないか?

●学校体育のランニングとフルマラソンは「全くの別物」です。

 

学生時代の運動会や体育のトラウマで、「わたしは走ることは向いていない」と決めつけている方も多いですね。でも、そのときの「ランニング」と「フルマラソン」は、全く別物です。「フルマラソン」は、センスと勢いとスピードだけで乗り越えられるものではありません。事実、市民マラソンでは、元気で体力のある若者を60,70を過ぎた熟年ランナーが追い抜いていくことは、よくあることだし、わたしのサポートしてきたランナーも、学生時代や社会人になってからも「走ることに縁のなかった」方々ばかりです。

 

●ただ「頑張って走ればいい」と思っていませんか?

 

フルマラソンを完走するためには、もちろん「走る練習」が必要です。でも、何十年も運動と縁のない生活をしていた方は、「走るカラダ」になっていません。また、学校では「頑張って走れ!!」と大声で叫ばれたけど、「走り方」を教わった記憶はないでしょう。「走るカラダになっていない」、「走り方を知らない」状態で、たくさん走ると確かにスタミナはつくでしょうが、見た目は良くないし、楽に進まないし...何より、カラダが壊れてしまいます。

 

●大事なことは、個々に合わせて戦略的に進めていくこと。

 

「カラダを作った方がいい」、「走り方を磨いた方がいい」と思って、本やDVDを買ってみる。何となく方法論はわかっても実際自分でカラダを動かしてみると「なんだかよくわからない…」それに、個々によってカラダや動きの癖、体力レベルや運動経験も違うもの。あの人のトレーニングを自己流で真似たところで、無駄に時間を浪費することになりかねません。努力を成果として手に入れるには、自分に合った「カラダづくり」、「フォームづくり」、「体力づくり」を計画的に進めることです。

 

●見知らぬ山頂を目指すには、ガイドがいないと迷子になりますよ。

 

ランニングをはじめてみて、当初は「走るって意外と楽しい」と感じていたことが、単調な練習ばかりで飽きてくる。こんなに頑張っているのに誰もほめてくれないし、「このまま走っていてゴールできるの?」と疑念が沸いてきて、膝にも違和感が出てくる…初めて挑むゴールに向かって、長い期間取り組んでいると、様々な障壁があり、進む道に迷うことも出てきます。そんなときに心強い支えとなるのが、「頂きへの進む道を知っている」人が、いつでも傍にいることです。

 

 

【開業2年半で達成された数々の実績】

  • 「30分走ることがやっと」の70歳女性が、2年で80キロ走破!!

  • 「ランニング経験ゼロ」の59歳男性が、1年でフルマラソン完走!!

  • 「10キロやっと」の55歳男性が、1年半でフルマラソン完走!!

  • 「1キロやっと」の女性が、半年で10キロ完走し、体重7kg減!!

  • 「5キロやっと」の女性が、1年3カ月後に設定どおりハーフマラソン完走!!

  • 小学生選手が、1年足らずで100mを1.5秒更新。全国大会決勝進出!!

 

【なぜ、アリムラ式ランニングメソッドがこんなにも成果を出すのか?】

その1. カラダづくりの専門家である

 

 スマートなランナーになるためには、まず、基盤となるカラダが構築されていなければ話になりません。  

少し走る量が増えるだけで、痛みが出てくるようでは、走る行為自体が辛いですからね。  

それに、効率よく前に進むためには、姿勢が決まり、「安定するべき部位は安定」し、「動くべき部位は、しなやかに動く」。そんなカラダになっていないといくら「走る練習」を繰り返したところで、上達にも限度があります。  

そんなカラダをいかに作っていくか?パーソナルトレーナー資格を有し、20年を超えるトレーニング指導キャリア、

1万人以上を超える指導に携わってきた中で、どのようなポイントでトレーニングをしていけば  

効率的に成果を上げていけるのか?それが、肌感覚として備わっているのです。

 

その2. 楽な走り方の教え方がわかっている

     

 自分自身が、中学から大学まで陸上競技(短距離・跳躍)に取り組んできて、基本となる走り方を身に着けてきたとともに、社会人になってきてからは、市民マラソンに取り組み、苦手としていた「長距離をいかに楽に走るか?」をテーマに

カラダの機能性や運動力学的な観点から独自に研究を重ね、40歳を過ぎてからハーフマラソン、フルマラソンの自己ベストを

更新。そして、2016年9月には、100キロのウルトラマラソン完走を果たしました。

独立後、多くのランニング未経験者を指導する中で、どのような基本ドリルをどのようなアプローチをしていけば楽に走る感覚を掴めるか?を蓄積してきました。

その3. カラダの内面の見方も熟知している

 

 11年間在籍した(財)北陸体力科学研究所では、トレーニング指導だけでなく、血液データを基にして、

実業団や高校駅伝チームのコンディション管理をしてきました。  

また、多くの一般の方のメディカルチェックや生活習慣病指導にも携わってきました。  

いくらたくさん走っても、貧血だったり、疲労が蓄積していたり、栄養状態が悪いと思うような成果は得られません。 

単にトレーニング指導をするのではなく、「健康が前提としてある」という視点でサポートできる。  

健康に不安を抱えている方にとっても心強い味方です。

 

その4. カラダだけでなく、ココロに対するアプローチを兼ね備えている

 

 上述の研究所在籍中では、行動科学的手法プログラムに沿って、禁煙指導や生活習慣病改善サポートに取り組んできました。  画一的な指導ではなく、①目標設定②動機付け③行動管理を個々のメンタリティーやモチベーションに応じて、 

アプローチする。この経験が、心理的障壁の高いランニング初心者への指導に携わる中で大きく役立っています。

 

その5. 万が一、ケガをしたときの対処法を心得ている

 

 研究所在籍中は、Dr.と連携しながらアスリートのスポーツ傷害から復帰までのサポートを。2年間在籍した医療機関では、一般・アスリートのリハビリトレーニングをする傍ら、物理的療法(アイシング、超音波、電気など)にも携わり、

理学療法や鍼灸師の治療現場にも触れることができました。

その経験が、有村自身の「できること・やるべきこと」を明確にし、各々の専門家とどう関わるべきかを適切にアドバイス

できることにつながっています。ケガをしないことが一番ですが、ケガや病気になった時の対処を心得えていることは、  ランニング初心者にとっても安心ですね。

 

【こんなお悩みをお持ちの方には、ピッタリなプログラムです】

 

  • どんな格好で、どんな場所で、どんな走り方で、どの位走ればいいのか?さっぱりわからない方

  • 運動経験が少なく、一人で走り始めても「間違いなく続かない」と確信している方

  • 周りにランニングをしている人がいなくて、聞こえてくるのは、「ムリムリ!!」、「歳だからやめときなさい」、「走って何が楽しいの?」という声ばかりで、  走りたい気持ちはあるのに一歩踏み出せないでいる方

  • 体脂肪が多くて、走ると膝が痛くなるのでは?と不安に感じている方

  • ランニング経験だけは長いけど、全く成長している実感がない方

  • フォームが自己流で楽に進まないし、「正直、かっこよくない」と感じている方

  • フルマラソンに何度か出場したけど、いつものように後半ガタ落ちになってしまう方

  • これまで、「一つのことをやり遂げた!!」という経験が少なく、自分に自信が持てない方

 

フルマラソンは、あくまでもご自身で①考え②行動し③やり遂げる ことに「価値」があります。

この前提となる「心構え」がない方は、ご遠慮ください。

【ありがちな状態】

 × 走る練習をしていればいいと思っている。 

 × 練習メニューやフォームづくりは、本やDVDで勉強しているから大丈夫だと思っている。 

 × 毎日頑張って走らないといけない!と思っている。

   × ハァハァ言わないとランニングではないと思っている。

 × フルマラソンは、強靭な精神力がないと完走できないと思い込んでいる。

 × 走る結果ばかりを気にして、内面の変化に気づかない。

これでは、

「頑張っているのに上達した気がしない!!」

という感情が溜まるばかりで

日々が「苦行」になっちゃいますよ。

 

⇩ 

 

【フルマラソンのゴールの瞬間だけでなく、日々の生活も充実していきます。】

 ☛ ゴールの瞬間は、これまでに味わったことのない感動に出会えます!!

 ☛ 走るだけでなくカラダ作りも行うから、引き締まった、ケガにも強い、素敵なカラダに変身します。

 ☛ 戦略的に目的をもってトレーニングを行うから、自己流では得られない成長曲線を描けます。

   ☛ ランニングフォームやペース配分が上手になって、後半も悠々と走ることができます。

   ☛ 成長を実感できるから、「やればできる!」という前向きな性格に変化していきます。

 ☛ ランニングの奥深さを知り、「探求心」が芽生え、ダラダラ過ごすことが減り、

   日々の生活に張り合いが出てきます。

   ☛ これまで味わったことのないランニングの楽しみ方を知り、人生をエンジョイできます。

   ☛ いくつもの困難を乗り越えて目標を達成したあなたは、仲間から「一目置かれる存在」になります。

 

●ただの速いランナーではなく、魅力的なランナーに!女性(男性)に!!  

 

 笑顔でマラソンを完走するためには、体力・技術・戦術を総合的に高めていく必要があります。  

でも、それは一朝一夕にはいかず、日々をいかに積み重ねるか?にかかってくるものです。  

そのためには、自分一人の力だけでやり遂げようとするのではなく、先人や仲間の力を上手に活用することです。  

単調に思われがちなランニングが、実は「こんなにも奥が深いものだったのか?」と「探求心」が芽生えたら、あなたはもう

立派なランナーです。目指すのは、ただの見た目の良い速いランナーではなく、人間的に魅力のあるランナー。  

そんなランナーに成長すれば、フルマラソンは怖くありません。  

そして、見事に完走したあなたは、やり遂げた自分に自信が芽生え、何事にも「やればできるもの」と思える  

前向きな人生を歩むことになるはずです!!